あなたはご自分の投資に満足していますか?投資には尽きることのないロマンが詰まっています。今現状の投資に満足している方に質問です。「その資金、もっと増やしませんか?」

現状の投資に満足している方へ

投資をする際は毎月の計画的な通算利益を

日本のデフレ脱却に向け、ここ数年は政府や日本銀行の様々な政策を講じ、その結果株式市場が活況を呈するなど、一定の成果は現れています。投資家にとっても、初心者・上級者を問わず、利益を獲得できる地合いは整っているのが現状です。

日本であれば、代表的な投資対象は株式や外為、投資信託などを挙げることが出来ます。ここで利益を獲得した場合、気を付けなければならないのは必要経費等を差し引いた通算利益をしっかりとチェックするという点です。出来れば毎月、自分がどのくらい稼いだかをしっかりとチェックする必要があります。

チェックする理由としては、資金の分散を効率的に行うためです。投資は、好調な時もあれば不調の時もあります。そのため、例えば株式で損失を出しても、相関関係にある外国為替で利益を得て相殺することが可能です。その際、1年や1ヵ月などの期間を区切って自分のポートフォリオの状況をしっかりと把握することで、自身の成績と戦略を見直すことが出来ます。一つの相場で戦略を練ることも重要ですが、他に利益を得る可能性がある相場を2~3チェックしておくと、リスク管理にもなります。常に相場の状況に合わせて最良の判断を下して行動することが、有能な投資家には求められますので、月々のチェックは怠らないことです。

また個人投資家であれば、日本では通常、1月~12月の1年間が所得計算の期間となります。そのため、損失や利益を確定する時期をしっかり把握しておかないと、至急に多くの税金を支払わなければならない状況に追い込まれる可能性があります。年内に損失を確定しておけば、通算の所得が減りから、支払う税金も少なくなります。そのため、納税対策としても月々の通算利益のチェックは非常に重要と言えます。